カテゴリー別アーカイブ: おすすめバス路線、バス停

バス停検索がおすすめするバス停やバス路線をご紹介。

サイクル&バスライド! 西武バス・立川バス[立71]系統での取組み

こんにちは、多西送信所です。

今回は、東京都の多摩地方から、バス折返所の話題をお届けします。

 

多摩地方の中心的な駅の一つ、立川駅。JR中央線と青梅線、南武線に加えて多摩モノレールも乗入れます。

乗車人員数はJRだけでも、16万人を誇ります。

そんな駅の南口から発着するバス路線「立71」系統。西武バスと、小田急グループの立川バスが共同で運行する路線です。

沿線には大規模な集合住宅や団地が立地し、 1日を通して非常に多くの利用者がいます。昼間時はおおむね8分間隔、朝間時や夕間時は5分間隔です(共同運行なので、西武バス、立川バスそれぞれの運行間隔は、16分、10分となります)。

運賃は全線に渡って175円(IC運賃)。この地域で一般的な中乗り後払いとは異なり、前乗り前払い方式なので注意が必要です。

バス停検索の「路線図風に表示」のページでは、西武バスと立川バスに分けてご案内をしています。

西武バス 立71系統

立川バス 立71系統

この二つを見比べると、西武バスの終点は「新道福島」、立川バスは「富士見町操車場」と、それぞれ異なることがわかります。
 
どんなところなのか、実際に行ってきました。

 

まず、立川バスの操車場より遠くにある、西武バスの新道福島をご紹介します。

近くに用水路が通っている関係で、車両を駐車しておくスペースと、乗り場に別れています。

こちらが駐車しておくスペース。

乗り場には、上屋と自動販売機があります。雨天や、のどが渇いた時でも便利そうです。奥に見えるバスが駐車スペースで、この間に用水路が通っています。

注目したのは、乗り場の一角に止められている自転車です。バス停まで自転車で来て、そこからバスに乗る「サイクル&バスライド」と呼ばれる取組みが行われていました。

 

それでは、1.5停留所分立川駅寄りにある、立川バスの富士見町操車場ではどうでしょうか。

上屋はありませんが、自動販売機は置いてありました。また、こちらにも自転車駐輪場が設けてありました。

 

団地や集合住宅が沿線に立地しているというだけでなく、このサイクル&バスライドも、この[立71]系統の利用者が多い理由の一つではないかと思いました。

ここで疑問に思うのは、この路線意外にサイクル & バスライドの取り組みが行われているところはどれくらいあるのでしょうか。

調べてみると、この近隣では横浜市交通局神奈川中央交通三鷹市のウェブサイトに、「サイクルアンドバスライド」の記事がありました。意外とたくさんありそうです。

今後も、バス停の風景や、利用促進の取組みを、多摩地方からご紹介していきたいと思います。

バス停検索top

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

BRT

こんにちは。プロジェクトゆうあいの青木です。

6月に、第6回 バリアフリー観光推進全国フォーラム・ふくしま大会があり、ゆうあいから参加したものが、気仙沼、大船渡のBRTについて、話を聞いてきた様で、ゆうあいにパンフレットを持ち帰ってきている。

BRTの話は、私も知ってはいた。

BRTは、バス高速輸送システムのことなのだが、まずは、BRTとは何かについてです。

バス専用道路や常設の専用バスレーンを設け、一般道路における通常の路線バスよりも高速に運行し、定時性を確保しようとする輸送システムである。

都市部において、一般の路線バスでは需要が不足し、定時性が保てない路線に設置する場合と、地方部において、鉄道による輸送では需要過剰で、経営的に維持できない場合に、軌道部を舗装して設置する場合の2通りがある。

日本でBRTと呼べるシステムは名古屋ガイドウェイバス(ゆとりーとライン)のみである。

なお、JR東日本は東日本大震災で不通になっている、山田線(宮古―釜石)と大船渡線(気仙沼―盛)の2路線を廃止したうえで、BRT化する方針を固めている。

top_railimg

松江では以前、松浦市長がLRTを松江にと話をされていたことがあります。

えっ、LRTって何かって?

LRTとはLight Rail Transitの略であり路面電車を近代化した新しい交通システムである。

本来のLight Rail(ライトレール)は、より大量輸送力を持つ本格的な鉄道に対比させ、輸送力の小さな「軽量」な鉄道であるという意味である。

しかし日本の国土交通省では、「LRT(次世代型路面電車システム)」とかっこ書きをつけ、「低床式車両の活用や軌道・電停の改良による乗降の容易性、定時性、速達性、快適性などの面で優れた特徴を有する次世代の軌道系交通システム」との説明をしており、日本ではこのような解釈が一般的になされている。

現在LRTを導入している都市は、広島市(広島電鉄)、岡山市(岡山電気軌道)、長崎市(長崎電気軌道)、熊本市(熊本市交通局)、富山市(富山ライトレール、富山地方鉄道富山市内軌道線)、高岡市(万葉線)などがあり、堺市など導入を検討している市がいくつかある。

ま、違うって言われるかもしれませんが、BRTはバス、LRTは路面電車です。

松江は、古くからの城下町であり、昔のままの家やお店もたくさんあり、道もせまい個所が多々あります。

そういったことを踏まえ、松江では難しいんではと言った声もあったようです。

宮城県のこのBRTの話は、非常に便利だし、いいなって思いました。

専用軌道を走るので、渋滞もなくスピーディーにお客を輸送できるというのは画期的だと・・・・。

こういったことで、車だけではなく、バスや鉄道の利用が増えるってのもありがたいことです。

なんかまとまりなくなりましたが、便利だなって感じたってことで・・・。

 

バス停検索top

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

バス案内表示

こんにちは。プロジェクトゆうあいの青木です。

先日、広島バスセンターに行ったとき、のりばの時刻案内が綺麗になっているのを見ました。

13507137_850946425049039_2203536194329076688_n 13557853_850946431715705_3645359869991526000_n

明るくて、見やすくていいなと思いました。

バスセンターに来るバスの動画をあげておきます。

以上。

バス停検索top

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

高速バスが便利

こんにちは。プロジェクトゆうあいの青木です。

先日、高速バスについて調べていたら、驚きの事実が・・・。

私は、小さい頃に、事故(交通事故とかではなく)で、てんかんの病気にかかり、現在は、てんかん(障がい者)で、療育手帳を持っています。

その関係で、ありがたいことに、高速バスが半額免除になるんで、よく県外移動には使っています。

先日も、アンジュルム コンサートツアー 2016春「九位一体」~田村芽実卒業スペシャル~2016年5月30日 日本武道館へ行った際、WILLER EXPRESSを使いました。

松江駅北口バス停(WILLER EXPRESSの高速バス乗り場)

こんなことを言うと地元のバス会社ににらまれるかもですが、出雲・松江・米子~新宿は、WILLER EXPRESSの方が便利です。

WILLER EXPRESSの場合、松江~新宿 日によって変動はありますが6000円~9000円

休憩地:大山PA、加西SA、遠州森町PA、海老名SAなど5か所に停車 トイレが付いていないので、5か所すべて乗客の休憩可能遠州森町PAで休憩

一畑バスの場合、松江~渋谷 10000円~12000円

休憩地:東京行きは、蒜山SAのみ、出雲大社行きは、足柄SAと蒜山SA トイレが付いているので、その他は完全消灯で乗務員交代のみの停車が数か所

私は、車内コンセントも完備していて、トイレ休憩が多いWILLER EXPRESSがいいなと思いました。

補足すると、出雲・松江・米子・鳥取~横浜・新宿っていう便も休止をしていますが、あるようです。

さて、この時に、はじめてバスタ新宿を利用したので、そんときの写真を載せますね。

バスタ新宿の甲州街道から見た外観バスタ新宿の発車案内表示器 バスタ新宿その2バスタ新宿待合室の様子バスタ新宿のカウンターバスタ新宿D11乗り場の発車案内表示器バスタ新宿の出発乗り場に停まるウィラーエクスプレス車両

以上です。

バス停検索top

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

バス停写真

各地のバス停の写真をご紹介します。

f(島根県・堀川遊覧船乗場西入口)

11930877_619523841523840_654086332683930990_o(島根県・松江駅)

10153934_498176380325254_6294297624789330220_n (広島県・本通り)

IMG_7828(大阪府・大阪駅前)
※現在、大阪駅前バスターミナルは、まわりが工事中でしたので、バス停の位置等が変わる可能性があります。

以上4つではありますが私が撮影したバス停写真を掲載してみました。

バス停検索top

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

日本で一番高い所にあるバス停とは?

日本で一番高い所にあるバス停はどこにあると思いますか?

ふと疑問に思ったもので、バス停検索の登録データで調べてみました。

 

第1位は「標高2702m」で岐阜県高山市の乗鞍にある「乗鞍(畳平)バス停」と「乗鞍山頂(畳平)バス停」でした!

(いずれも同一地点にあるバス停)

てっきり日本最高峰である富士山のバス停かなと思いきや、岐阜県にあるバス停だったのです。

バス停検索|(濃飛バス) 乗鞍(畳平)バス停留所の情報(岐阜県高山市)

バス停検索|(アルピコ交通) 乗鞍山頂(畳平)バス停留所の情報(岐阜県高山市)

標高約2702m

 

そして、第2位は「標高2421m」で富山県中新川郡立山町の立山黒部アルペンルートにある「室堂バス停」です。

アルペンルート自体が山の奥深く、眺めの良い場所ですから、上位ランクインに納得です。

バス停検索|室堂バス停留所の情報(富山県中新川郡立山町)

標高約2421m

 

第3位は「標高2375m」で富士山の五合目にある「富士宮口五合目バス停」です。

ついに富士山のバス停が登場しました!
バス停検索|富士山 富士宮口五合目バス停留所の情報(静岡県富士宮市)

標高約2375m

なお、各標高データは「YOLP(地図):YOLP(地図) – Yahoo!デベロッパーネットワーク」を利用して取得しています。

 

予想とは少々違いましたが、調べてみるとわかる新たな発見があるものですね!

他にも日本一なバス停を探してみようと思います。

何か良い日本一のアイデアあれば教えて下さい〜

この記事はうみねこが担当しました。

 

バス停検索top

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

新潟市BRTもバス停検索でバッチリ!

2015年9月に開業した「新潟市BRT」~萬代橋ライン~。
この萬代橋ラインとは、「新潟駅前~万代シティ~古町~市役所前~青山間」のことで、新潟駅前~市役所前間などでは、他の路線も早朝から深夜まで多数運行しています。

この萬代橋ラインも、もちろん「バス停検索」で検索できますよ!!

新潟駅前で発車を待つBRT
新潟駅前で発車を待つBRT
市役所前にて
市役所前にて
青山停留所にて
青山にて

新潟市BRTの路線情報
バス路線[B1萬代橋ライン(BRT)[B10]新潟駅~青山](新潟交通・新潟県)の経由バス停を地図で表示
バス路線[B1萬代橋ライン(BRT)[B11]新潟駅~青山本村・青山一](新潟交通・新潟県)の経由バス停を地図で表示
バス路線[B1萬代橋ライン(BRT)[B13]新潟駅~西部営業所](新潟交通・新潟県)の経由バス停を地図で表示

バス停検索top

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村