高齢者とバス

こんにちは。プロジェクトゆうあいの青木です。

最近、バスに乗らない人が多く、バスの便数も減便となってきている地方もあるようです。

乗客が少ないだけではなく、運転士不足も要因だ。

ある人は「高齢者ドライバーの事故が多発しているからと言って、バスや電車に移行する人はすくない。車に甘えてきた人たちが不便な世の中を作ってしまっている」と言っていた。

まさに、そう。バスの話でよく私が言うのは「バスは不便だから使用しないという声も多く聞きます。ですが、使用しないから不便になっていくという現状もあると思います。バスをうまく活用していけば、車に乗らずとも行けるところも沢山ある」ほんとそう思います。

今まで、みなさんが、車に甘えてきたことで、免許返納しても出かけるのが不便、バスがないといったことにつながるのです。

免許返納だけでなく、バスをうまく活用し、バスの活性化に力をかしてくださいな。

バス停検索top

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です