山手線新駅・高輪ゲートウェイ

こんにちは。プロジェクトゆうあいの青木です。

山手線に新駅ができるって話からの先日、その新駅の名前が決まりました。

その名は高輪ゲートウェイ

落語家の立川志らくさんがワイドショーで、山手線と京浜東北線の品川―田町間に建設中の新駅の名称が「高輪ゲートウェイ」となったことに「撤回すべき」と言っていた。

 「高輪ゲートウェイ」は6万4000件超の応募の中からわずか36票、130位の得票ながら、1位「高輪」などを押し切って選ばれた。

鉄道ファンをはじめ、この決定を耳にした人は、なぜ応募総数の多かった「高輪」にしなかったのか、ダサいと口々に言っており、再検討してほしいと訴えている。

志らくさんは「これだって開発ありきだもん。絶対、やらせですよ。絶対、そうですよ。36票なんて入れるわけがないです。世間の人、入れないです、こんなの。絶対、関係者が入れた36票です」と持論を展開し「撤回すべき」と繰り返していました。

漢字とカタカナを混ぜた駅名は、我が島根にもある「松江フォーゲルパーク」「松江イングリッシュガーデン」「出雲科学館パークタウン前」などあります。

しかし、「わざわざ、一過性のオリンピックに配慮しなくてもいいのでは?使う人の身にもなってみろよ」などの声も聞かれます。

私も鉄道ファンとして、この駅名が決まったとき、「だっせーな」と思いました。

さあ、JRさん変えるなら今です。意地貼ってないで庶民の意見を聞いて考えなおしてはどうですか?

もし、このままならば、バス停名も「ゲートウェイ駅入口」「高輪ゲートウェイ駅前」などになるのかな・・・・。

いやはやどうなることやら・・・・。

バス停検索top

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です